訓練機関の皆様へ


ジョブ・カードの活用について

ジョブ・カードは、労働者個人のキャリアアップや、多様な人材の円滑な就職等を促進するため、「生涯を通じたキャリア・プランニング」及び「職業能力証明」の機能を担うツールです。

教育訓練の場面におけるジョブ・カードの活用については、「生涯を通じたキャリア・プランニング」のツールとしては、キャリアコンサルティングの場面等において活用することにより、訓練受講前においては訓練受講の必要性をより明確にすること、訓練受講中、訓練受講後においては職業意識の向上、訓練効果の向上等を促進することが期待されています。

また、「職業能力証明」のツールとしては、訓練成果の評価等の情報を求職活動の際の応募書類等として活用することにより、円滑な就職を促進することが期待されています。

ジョブ・カードを活用した訓練成果の評価等について

各訓練機関においては、ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティング、訓練成果の評価を確実に行っていただくようお願いします。

訓練機関で作成した、訓練受講者の能力の見える化を図った職業能力証明(訓練成果・実務成果)シート等の活用は重要です。職業能力証明(訓練成果・実務成果)シートについて、訓練受講者に対して、その内容が求人企業に対するアピールポイントとなる場合、応募書類としての活用について説明し理解を求めるとともに、応募先企業に対して、企業が指定する履歴書等に追加して応募書類の一つとして受け付けるよう説明し、理解を求めていただくようお願いします。

職業能力証明(訓練成果・実務成果)シートは、以下のように、訓練の種類、実施機関ごとに定めています。適切なものを使っていただくようお願いします。

ジョブ・カードを活用するためには専用のソフトウェアが便利です。

職業能力証明(訓練成果・実務成果)シートに記載する「職務遂行のための基準」については、汎用性のある評価基準についてを参照してください。