再就職のためにハローワークで資格を取得しよう

再就職のためにハローワークで資格を取得しよう

ハローワークを通じて無料で資格を取得できる方法があることをご存知でしょうか。求職者向けに用意されている支援制度を利用すれば、資格を取得するための訓練・講座の受講料が無料であるばかりか、手当や給付金を得ながら通学することも可能です。
今回は再就職のために、ハローワークで資格を取得する方法についてご紹介します。

ハローワークが求職者向けに実施する支援制度

ハローワークでは求職者を対象として、スキル習得や資格取得の訓練・講座にかかる費用を負担し、さらに一定の要件を満たした方に対して手当や給付金を支給する支援制度を設けています。

支援制度には、雇用保険(失業保険)を受給している求職者を主な対象とした制度と、雇用保険を受給できない求職者を対象とした制度の2種類があります。これらの制度は「ハロートレーニング(ハロトレ)」という愛称で呼ばれています。

公共職業訓練(雇用保険を受給している方向け)

公共職業訓練とは、国や地方公共団体が職業能力開発施設(民間訓練機関への委託も含む。)において、主に雇用保険を受給している求職者に対して職業訓練を実施するものです。中長期的なキャリアを形成するために役立つ能力や資格を習得することができます。

求職者支援訓練(雇用保険を受給できない方向け)

求職者支援訓練は、雇用保険を受給できない求職者を対象にして、民間訓練機関が厚生労働大臣の認定を受けて実施する職業訓練です。スキルアップなどによって早期に安定した就職を実現するべく、国が支援しています。

具体的な訓練内容とは?

ハロトレでは、具体的にどんなことが学べるのでしょうか?

公共職業訓練(雇用保険を受給している方向け)

公共職業訓練は就職に必要な職業スキルや知識を習得するための訓練を実施しています。

主な訓練コースは、テクニカルオペレーション科や電気設備技術科、自動車整備科、造園科、介護サービス科など、多種多様な分野のスキルや知識を学ぶことができます。他にも管理・事務系やデザイン系、情報・通信系などを学べるコースも用意されています。

また、育児や介護など家庭の事情によって職業訓練を受講できない方には、自宅で受講できる「eラーニングコース」も用意されています。

求職者支援訓練(雇用保険を受給できない方向け)

求職者支援訓練には就職に必要な基礎的な技能などを学ぶ「基礎コース」と、より専門的・実践的な技能などを学ぶ「実践コース」があります。

主なコースは、IT分野、営業・販売・事務分野、介護福祉分野、機械関連分野などのスキルや知識を学ぶことができます。

ハロトレで資格を取得するメリット

「公共職業訓練」、「求職者支援訓練」とも、公的な制度なので受講料は基本的に無料です。

さらに、「公共職業訓練」、「求職者支援訓練」は、一定の支給要件を満たしている場合には、手当や給付金を受け取ることができます。

詳しくはハローワークでお問い合わせ下さい。

ハローワークの支援制度で資格を取得する際の注意点

ハロトレを利用する際は、以下のことに気を付ける必要があります。

募集時期が決まっている

募集時期が予め決められているため、タイミングが合わず、希望するコースや講座に申し込めない可能性があります。

出席義務

ハローワークからあっせんされた訓練ですので、しっかりと出席し、目指すスキルを身に付ける義務があります。

教材の費用は自己負担

受講料は無料ですが、テキスト代、資格受験費用などは自己負担となります。

ハローワークにおける支援制度で取得できる資格

ハロトレでは、情報処理技術者資格、介護職員初任者研修修了、第一種電気工事士、介護福祉士、保育士、建築士などの様々な資格の取得を目指すコースが用意されています。

資格を取得すれば転職に有利になると分かっていても、そのために学校に通ったり、独学で勉強したりするのは大変だと思っている方は多いでしょう。その点、ハロトレであれば、手当や給付金を受け取りながら、受講料無料で資格取得やスキル習得に挑戦することができます。再就職のために資格を取得したいと考えている方は、ぜひハローワークを通じて職業訓練を受けることを検討してみてください。

先頭に戻る