就職活動におけるインターンシップに参加するメリット

就職活動におけるインターンシップに参加するメリット

就職活動において、インターンシップに参加する学生の方は多くいると思いますが、そもそもインターンシップは何のために行うものなのでしょうか。

また、それに参加することでどのようなメリットが得られるのでしょう。インターンシップについて知っておくべき基本的ポイントについて説明します。

インターシップとは?

インターンシップとは、企業で一定期間働く「就業体験」のことで、この制度を導入する企業は数多くあります。

学生の皆さんが入社前に実務を体験するという目的に加えて、自身のスキルを磨いたり、視野を広げたりとメリットが多く、大学生の場合は3年生になって参加するという方が多いようです。

このインターンシップは、体験する期間によって、短期インターンシップと長期インターンシップとに分けられます。

短期インターンシップ

1日~1週間程度の短期間のインターンシップです。

セミナーに参加する形式など企業説明会に近いものから、最近は仕事を疑似体験できるタイプのものも増えています。

期間が1週間の場合は、実際に業務に携わることができる他、学生同士で課題を進めていくグループワーク、ディスカッションなどを行うことも多くなります。なお、短期インターンシップはほとんどの場合、無給です。

長期インターンシップ

1カ月以上の中長期間のインターンシップです。社員と同じように、あるいは社員のアシスタントとして、ある程度時間をかけて仕事を覚えながら、実務に従事します。こちらはアルバイトに近い形で仕事に携わることになるので、有給ということも珍しくありません。

インターンシップに参加するメリット

インターンシップに参加することで得られるメリットとしては、次のものが挙げられます。

自信・スキル・経験が身に付く

就職後にこの職場でうまくやっていけるだろうか、という不安を解消するために役立ちます。職場の雰囲気を知ることができるだけでも、入社後にギャップを感じることは少なくなるでしょう。実務にも携われば、自信に加えてある程度のスキル、知識、経験を得ることもできます。

面接時にアピールできる

インターンシップに参加した企業に応募すれば、面接でそのことについて話すことができます。参加したという事実だけで採用に有利に働くわけではありませんが、インターンシップで何を学び、どのように成長したかを話すことで、その体験をアピール材料にできます。

企業・業界研究に役立つ

企業のことを知り、またその業界のことを知ることができるのは最も重要なメリットでしょう。希望する企業や業界が本当に自分にマッチングするのかを肌で感じて分析し、判断することができます。

インターンシップに参加する際の心構え

インターンシップには、漠然とした気持ちではなく、しっかりとした心構えを持ち、準備をして参加するべきです。特に次の3点のことを頭に入れておきましょう。

能動的に活動する

インターンシップは就職を希望する学生が、その企業のことを知るために参加するものです。受動的・消極的な態度で臨んでも得るものは少ないでしょう。できるだけ多くの情報を集めるための努力をする、なるべくたくさんの社員と接し、実務に携わるなど、常に能動的・積極的に活動することを心がけ、「就業体験」を濃いものにしましょう。

報告、連絡、相談は必ずする

社会人として働き始める際の基本である「報・連・相」。インターンシップ参加期間中は最低限、このことを怠らないようにしましょう。特に長期インターンシップでは、見習い的な立場だとはいえ、ビジネスの一端を任されることになります。社員や上司にしっかりと「報・連・相」をすることで、ミスを防ぎ、確実に仕事の基本を学ぶことができます。

キャリア・プランを描く

キャリア・プランとは3年後、5年後、10年後、さらに生涯といったスパンで仕事に関する目標を設定し、そこに至るにはどのようなキャリアを積み上げていくかを考える計画のことです。

インターンシップを企業・業界研究の場、そして自身と企業とのマッチングの機会と捉えれば、事前にキャリア・プランを思い描いておくことの大切さが分かるでしょう。その企業で働き、3年後、5年後……にどうなっていたいのか、どうなることができそうかをイメージできれば、その企業への就職を実感として捉えることができます。

キャリア・プランの作成にはジョブ・カードが役立ちます。皆さんの職務経歴や学習歴をジョブ・カードにまとめ、キャリアコンサルタントによるサポートを受けましょう。

インターンシップは実務やグループワークを通して企業のことを知り、そこで働く社員と交流できる貴重な機会です。そのメリットや意義を正しく把握して、有効に活用してください。

先頭に戻る